小児鍼・肘内障

小児鍼は刺さない鍼です。元気な体を作りましょう

  • 夜泣き、かんのむしで困っている
  • おねしょに困っている
  • 風邪をひきやすい
  • アトピーやぜんそくなどアレルギーが気になる

本多鍼灸整骨院なみき院の小児鍼

小児鍼

小児鍼には、0歳~小学校低学年くらいまでのお子様に行う施術です。
かんのむし・夜泣き・おねしょ・夜尿症・円形脱毛症などの改善が期待できます。
実際、本多鍼灸整骨院なみき院の姉妹院、本多鍼灸整骨院でもたくさんの改善例があります。

小児「鍼」と書いてはいますが、施術で使う鍼は縫い針みたいなものではなく、ローラー状の軽く刺激を与える専用の道具を使います。
痛みはありませんし、肌に直接刺すということは一切ありませんので、ご安心ください。

経絡に沿って刺激を与え、神経を整えます。神経が整うことで自律神経が安定し、夜泣きやイライラが収まります。

お子様の夜泣きやイライラ、キーキー騒いだり、夜になるとイーーッとなるお子様に悩んでいるお母様、昔ながらの治療法ではありますが、結構効果がありますよ。
悩んでいるのでしたら、お気軽にご相談下さい。

本多鍼灸整骨院なみき院 肘内障治療

スポーツ障害

肘内障(ちゅうないしょう)とは、幼稚園に通うくらいのお子様によく起こる症状で、子供をぐっと上げた時や手を強くひっぱった時に肘に痛みが走り、脱臼したように「腕がだらっとした状態」になるものです。

これは脱臼ではなく、肘のじん帯が抜けた状態ですので、結構簡単に治すことができます。

本多鍼灸整骨院なみき院にもお子さんが痛いと大泣きして来院されるのですが、その場ですぐに治るので、施術後には皆さん笑顔で帰られています。

お子さんの腕がだらっとしていたり、肘が曲がっていなかったりしたら、早めにご来院下さい。

ご予約、お問い合わせは092-692-6336まで

小児鍼・肘内障 症例

福岡市東区千早在住のKくん 1歳男の子(小児鍼)

福岡市東区千早の1歳男の子

Kくんは夜中眠らずにずっと起きていて、夜泣きがひどかったために、お母様が疲れ果てて、何とかしたいと小児鍼をしに当院に来院されました。

小児鍼をしたところ、夜に泣くことがなくなり、しっかり眠ってくれるようになったとお母様が喜ばれていました。

福岡市東区在住のEくん 3歳男の子(小児鍼)

福岡市東区の3歳男の子

Eくんはおねしょが多く、お母様が悩まれていました。

そんな時小児鍼のことを知り、当院のホームページを見て来院されました。

小児鍼を3回くらい行ったこと、おねしょの回数が減ったと報告していただきました。

福岡市東区千早在住のWちゃん 5歳女の子(肘内障)

福岡市東区千早の1歳男の子

Wちゃんはお父さんとお母さんの間で手をつないでブランコをしている時に肘内障(亜脱臼)を起こし、膝を痛めてしまいました。

当院に泣きながら来院されました。
Wちゃんが大泣きしているもののお母様もどうしてもいいかわからず、とりあえず近所の当院に来られたそうです。

肘内障の整復術を行ったところ、数分で元の状態に戻り、帰りは笑顔で帰宅されました。

肘内障は癖になりやすいので、今後、ブランコ(お父さんとお母さんの手にぶら下がる動作)は控えていただくよう注意しました。

癖になりやすいといっても小学校中学年に上がることくらいには、靱帯が十分に発達するので、ほとんど再発することはありませんので、ご安心下さいね。

福岡市東区香椎在住のUくん 4歳男の子(肘内障)

福岡市東区香椎の4歳男の子

Uくんは、お母さんがUくんの腕を強くひっぱった時に肘を痛めたようで、泣きだしてしまいました。
あまりにUくんが泣き叫ぶのでお母さんもどうしていいのかわからず、飛び込みで当院に来られました。

肘内障の施術を行ったところ、数分で痛みがなくなり、Uくんもお母さんも大変喜ばれていました。

肘の痛みや状態が戻っても、しばらくは無理をさせずに様子を見ていただくようにアドバイスしました。