こんにちは!本多鍼灸整骨院なみき院の西村です^ ^

梅雨に入ったのにあまり雨が降らない日々が続いていましたが、最近ようやく梅雨らしく雨が降ってきましたね(´-`)

みなさん梅雨の時期は湿気でジメジメした暑さがあるので苦手だと思います。。。頑張ってこの時期を乗り越えましょう!!

さて、梅雨の時期が終わってしまうと、暑い日々が待ってますが、熱中症に要注意ですね!梅雨が終わってからの熱中症の対策をご紹介します!!!

まず、熱中症には種類があります!

①熱失神:皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。脈は速くて弱くなります。

②熱けいれん:大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

③熱疲労:大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

④熱射病:体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。

乳児や幼児は、大人より新陳代謝が活発で体温が高いです。しかし大人と比べて、汗腺の発達が未熟なため、うまく体温調節をすることができません。炎天下の車の中など、体温よりも周囲の温度が高くなる場所では、短時間で体温が上昇するので、要注意です!!

なみき院にはお子様連れの方が多いので、こまめに水を飲ませるなどして、気を付けていきましょう。

対策としては水分 ナトリウム(塩分) の補給が必要です!スポーツ飲料などナトリウムが入っている飲み物を飲みましょう!

利尿作用のある、コーヒーや、紅茶、緑茶などをたくさん摂取しても体内の水分は排泄されるのであまり効果はありませんので、注意しましょう(°_°)

高温多湿の梅雨でも熱中症が起こる確率はあるので、みなさん自分の体調管理はしっかりして、こまめに水分補給をし、元気な日々を過ごしましょうね^_^

福岡市東区千早5-12-11
TEL092-672-0077
本多鍼灸整骨院なみき院

福岡市東区千早4丁目21-55

プレミスト千早タワーツインマークス1F
TEL092-692-6336
【診療日・診療時間】
平日 9:30~12:30/14:30~20:30
土曜 9:30~15:00

【休診日】
木曜日の午後 日曜日 祝日

【交通事故】

【むちうち】

【産後骨盤矯正】

【鍼灸】

【O脚・X脚】

【猫背矯正】

【頭痛】

【EMS】